ドイツの結婚式

前回は、イギリスの結婚式について話したが、今回はドイツの結婚式について話したいと思う。

イギリスと決定的に違うことは、ドイツの結婚式は2回あるということだ。イギリスの場合は、教会に直接許可をもらい、流れを決める結婚式と区役所に様々な手続きをし、役員が流れを決めていくという結婚式の2種類あった。しかし、ドイツでは、最初に役所で結婚式を行うのだ。当日は、シンプルなドレスに着替え、役所の担当者の前で婚姻証明書を記入する。

How to Make Your Marriage Last -- Staying Married

だいたい20分程度で式は終わる。ドイツでは結婚は幸せの象徴といっても過言ではないくらい素晴らしいことであるため、必ず祝福の言葉をかけてもらえる。日本ではあまり行われないことである。そして、区役所での結婚式が終わったら、教会での結婚式が認められる。

教会での結婚式は、宗教によって様々である。例えば、カトリック教徒であれば、結婚は神の恩寵を表現する儀式であり、サクラメントの1つとされており、役所で式を挙げたあと、教会で結婚式を挙げて初めて結婚が認められるという。ドイツもイギリスと同じように結婚式は身内だけで行われることが常識とされている。



披露宴は、主に古城の庭園で行われることが多い。日本での披露宴は、席が決められており、子供は必ず親のテーブルと同じところに席を置くが、ドイツでは子供テーブルが用意され、このテーブルは子供料理やおもちゃなどがおかれ、子供同士仲良くなれるようになっている。

そして、驚くべきことは、友人や知人が陶器やグラスなどの割れるものはすべて割るという祝福方法がある。ドイツではこの食器の割れる音が悪霊を追い払い、幸福を運ぶと言い伝えが存在する。

Marriage | Psychology Today

さらに、片づけは新郎新婦が行い、今後ふたりには多くの苦難が待ち受けるだろうが、結婚生活がうまくいくためには、今まで以上に協力する必要があるということをこの「片づける」という作業で学んでほしいという意味が込められているという。

日本では、考えられない祝福方法だが、こうしたしっかりとした意味が込められていることを知るとこちらも幸せになってくる。

また、日本とは違い、ドイツは結婚式にはお金をかけないという風習があるため、かなり安く教会で結婚式を挙げられるそうだ。しかし、日本人がドイツで結婚式を挙げる際には、必ずキリスト教正徒にならなくてはならないため、しっかりと調べておかなくてはならない。