ホームページ・ビルダーとは

自前のウェブページ(俗にいうホームページ)を作成・運営していこうとする人は、「ホームページビルダー」という名前を一度は聞いたことがあるでしょう。

ウェブページの作成はCSS(スタイルシート)による「表現形式の統一的策定」とHTMLによる「実際の内容(コンテンツ)における明示と暗示」を基本としますが、これはCSSやHTMLによって設計図を描き、コンピュータがその設計図どおりにウェブページという「構造物」を作り上げることです。
国産のWebデザインギャラリーサイトが一番参考になるのでまとめた - か ...

当然この場合、製作者は出来上がるウェブページを想定しながらCSSやHTMLを調整する必要があり、思い通りのウェブページを表現するには、これらを使いこなす能力が必要です。ここに「ウェブページで高度な表現を行うには、それ相応の知識と経験が必要」という状況ができ、初心者に対する敷居を上げているともいえるのです。

ホームページビルダーは、その名の通りウェブページを作成するソフト、ウェブオーサリングツールの一種です。このソフトの優れている点はホームページ制作 仙台こちら「CSSやHTMLの詳しい知識がなくても、ウェブページ上において希望の表現を手軽に具現化することが出来る」ということでしょう。それを成しえているのがHTMLエディタに代表される「コードの編集を必要としない、直感的・感覚的操作性」ということに尽きると思われます。

例えばホームページ制作 仙台ここ通常リンゴの木を植えない限り、リンゴを実らせることは出来ません。しかしホームページビルダーの登場で、リンゴの実を持ってその場所に立つだけでその実から枝が生え、幹ができ、ついには根を張って、あたかも初めからリンゴの木が生えていたかのように表現することが出来るようになったのです。
ホームページデザインの変化 ? U-Site

このように「表現形式を直接操作することで、それを作り出しているCSSやHTMLそのものを、自動的に生成してしまうプログラム」の登場は、先の「敷居」を大幅に下げることに貢献しました。これにより初心者と呼ばれる個人だけでなく、古い印刷会社などに代表される、デザイナーはいるがウェブ制作技術を持たない企業においても重用されることになり、現在も大きなシェアを堅持しています。

問題点もあります。リンゴというコードから果物という表現を行えても、果物という表現からリンゴというコードが特定出来ないように、表現のコード化には肥大化と誤変換が付きまといます。しかしそうはいっても、良きにつけ悪しきにつけ、このツールがウェブの世界に与えた影響はとても大きかったと言えるのです。