マグカップで日本茶を提供する

今回のテーマは「湯呑み」。湯呑みの正式名称は「湯呑み茶碗」ですよね。前回の茶碗のテーマの時には触れませんでしたが、れっきとした茶碗の仲間だそう。ご飯茶碗と湯飲み茶碗が同じ種類だなんて、なんだか不思議な気もしますが、「茶碗」が陶磁器の総称として使われている事実を考えれば、食器の世界では当たり前のことなのかもしれませんね。
卒園・卒業、入園・入学の祝電を贈る|KDDIの電報サービス「でんぽっぽ」

湯呑み茶碗は、お湯やお茶を飲むための食器ですが、若い人で自分専用の歪みを持っている人って多いのかな?少なくとも私は今持っていません。普段の生活で日本茶って飲まないし、麦茶とかのお茶を飲むときはだいたいマグカップ。食器は増えれば増えるほど場所もとるし、新居は2LDKのアパートだし、購入するかちょっと迷っています。

でも問題は私の未来の旦那。私と2つしか離れていなくて、まだまだ若者ですが彼、日本茶が大好きなんです。一人暮らしの私の家に遊びに来た時も飲み物はコーヒーや紅茶じゃなくてお茶が良いというので、彼が来たときには仕方なく、紅茶のポットとマグカップで日本茶を提供してました。彼はそれが味気なくて少し不満だったみたいだから、新生活を始めるにあたって、彼のために揃えてあげるのもいいのかもしれないって思っています。

それに、私の両親も彼の両親も自分達の湯呑み茶碗はともかくとして、来客用のものは絶対に揃えろって言うんです。確かにそうですよね、お客様は自分と同年代とは限らないし、接客の基本は確かに日本茶だと私も思います。ところで、あの来客用の湯呑み茶碗って、「汲出し」って名前が付いているの、知っていましたか?私は今回、食器について調べ始めて初めて知りました。はっきり言ってこれまでの人生で初めて聞いた言葉です。

「湯呑み」と「汲出し」の違いはその形状。飲み口の直径よりも高さのほうが長いものを「湯呑み」、低いものを「汲出し」と区別するようです。汲出しには蓋つきのものと蓋なしのものがあります。確かに蓋が付いているお茶碗、見たことありますよね。自分たちの湯呑みと合わせて来客用の汲出し一式も揃えなければなりません。
メール「卒業祝い」卒園・小学校・中学校・高校・大学・メッセージ・例文

茶托も必要だっていうし…。煎茶と番茶用の急須にも違いがあるみたい。番茶様の方が大きな急須なんですね…。さらに飲み残しのお茶や湯呑みもと温めるために使ったお湯を捨てるお茶道具っていうのまであるんです。筒状で、穴が開いた蓋のような物が付いているもの、「建水」ってうんですって。これじゃお金がいくらあっても足りないよ…。